Q. 読み込んだ3Dデータ(DXF、DWG)の要素の線が多くて見づらい

A. ポリメッシュに変換し、稜線の表示形式を設定します

読み込んだ3Dデータが「複合面」または「面」で構成されていると稜線が多く見づらい場合があります。ポリメッシュに変換すると稜線の表示形式を調整できます。

読み込んだ3Dデータを選択し、コンテキストメニューより[ポリメッシュに変換]をクリックします。

変換したポリメッシュを選択し、コンテキストメニューより[ポリメッシュの編集]をクリックします。

リボンの[角度]に指定角度を入力し、[稜線の表示形式の自動設定]をクリックします。

コンテキストメニューから[確定]をクリックします。
表示する稜線が調整されます。

 

補足説明

面どうしの角度が指定した角度以上の場合、面が見える角度の稜線を表示します。
例:「稜線の表示形式の自動設定」が「15°」の場合

指定した角度以下の場合、角の稜線が非表示になります。視点を回転した際に角の稜線が表示されます。
例:「稜線の表示形式の自動設定」が「30°」の場合

ポリメッシュすべての稜線に対して処理されますので、最終的に部材として仕上げる場合に使います。

 

PDFダウンロード