機器表の取り込み

レブロなら機器表に入力された情報を、BIMデータとして取り込むことができます。

機器表のフォーマットは各社各様ですが、データリンクコマンドの柔軟なセル指定方法により、取り込むフォーマットを限定しません。

また、情報は機器表から取り込むだけでなく、レブロの機器に設定されたプロパティ情報を機器表に出力することもできます。[クリックで動画を再生]

 

 

 

 

ダンパー発注書

ダンパーに限らず、レブロで作図した図面から発注書をExcel形式で出力することができます。

Excelの書式を用意し、必要なプロパティを割り当てることで、Excelファイルを発注書として利用することができます。

Excelを出力する対象は個別に指定できますので、工事の進捗に応じて、必要な範囲に限って発注書を作ることができます。[クリックで動画を再生]

 

 

 

 

 

機器の自動配置

図面作図の最初の作業である機器のプロットを、一つ一つ配置するのではなく、機器表から読み取って、一括で自動的に配置することができます。

部屋要素がモデルに定義されていると、機器表からフロア、部屋名、機器番号、台数を読み取り、自動的にその部屋に相応しい機器が配置されます。配置高さは天井カセット型パッケージや照明器具は、天井面に配置されます。[クリックで動画を再生]

天井目地に沿ったアレンジなどは人間の判断が必要ですが、必要台数が部屋に配置されますので、図面作図の最初の作業が省力化されます。

※部屋要素はレブロで定義することも、Autodesk RevitやGraphisoft ARCHICADから取り込むことも可能です(開発予定)。

 

 

分電盤に表を利用

データリンクコマンドはExcelファイルの取り込み、出力だけではなく、表としてレブロ図面に貼り付けることができます。

貼り付けた表は要素のプロパティと連動しますので、分電盤として利用した場合、照明器具の負荷容量と同期して動きます。Excelに埋め込まれた計算式も機能しますので、負荷容量の合計値をSUM関数で合計するといった利用が可能です。[クリックで動画を再生]

 

 

 

 

 

 

機器管理台帳

BIMデータを竣工モデルとして完成させると、機器管理台帳の形でExcelファイルに保存できます。

メンテナンス時期は、エクセル上で更新し、再びレブロのBIMデータに反映するといった利用が可能です。[クリックで動画を再生]

 

 

 

 

 

 

 

 

※Excelデータリンクの機能は特許申請中です。