取り込み方法

レイヤーの差分ファイルの取り込み方法

  1. [レイヤー一覧]を起動します。
  2.  [設定]-[ファイルから読み込む]をクリックし、ダウンロードしたファイルを選択します。
  3. [レイヤーの確認]ダイアログから「既存のレイヤーを削除してから読み込む」のチェックを外して[OK]をクリックします。
取り込んだレイヤーを初期値に反映するには

図面の初期値に反映するには、[設定]より[「図面の初期値」に保存する]をクリックします。

用途の差分ファイルの取り込み方法

  1. [配管(ダクト)]タブ-[用途の設定]コマンドを起動します。
  2.  [設定の読み込み・保存]-[ファイルから読み込む]をクリックし、ダウンロードしたファイルを選択します。
  3. [用途の確認]ダイアログで「同名の用途があれば上書きする」にチェックを入れ、[OK]をクリックします。

取り込んだ用途を初期値に反映するには

図面の初期値に登録する場合は、[設定の読み込み・保存]-[「図面の初期値」に保存する]をクリックします。

材料サブセットの差分ファイルの取り込み方法

  1. [配管(ダクト)]タブ‐[材料の設定]コマンドを起動します。
  2. [設定の読込み・保存]-[ファイルから読み込む]をクリックし、ダウンロードしたファイルを選択します。
  3. [材料サブセットの確認]ダイアログで「同名の材料サブセットがあれば上書きする」と「異種管接合の設定を読み込む」にチェックを入れ、 [OK]をクリックします。
取り込んだ材料サブセットを初期値に反映するには

図面の初期値に反映するには[設定の読み込み・保存]‐[「図面の初期値」に保存する]をクリックします。

Rebro2013の新規出荷値をそのまま追加するのではなく、ユーザーカスタマイズしたRebro2011の材料サブセットに対して修正を加える場合はこちらをご覧ください。

単線記号の差分ファイルの取り込み方法

  1.  [設計モード]に切り替えます。
  2.  [配管(ダクト)]タブ-[機器器具]コマンドを起動します。
  3.  [設定]-[ファイルから単線記号の読み込み]をクリックし、ダウンロードしたファイルを選択します。
  4. [単線記号の読み込み]ダイアログで「上書きする」にチェックを入れ、[OK]をクリックします。

電気単線記号の差分ファイルの取り込み方法

  1. [電気]タブ-[照明器具]コマンドを起動します。
  2. [設定]-[ファイルから単線記号の読み込み]をクリックし、ダウンロードしたファイルを選択します。
  3. [単線記号の読み込み]ダイアログで「上書きする」にチェックを入れ、[OK]をクリックします。