▶「Microsoft Visual C++ 2012 Redistributable」のインストールで中断する
▶ Webアップデートができない
▶ [ユーザーアカウント制御]ダイアログが表示される
▶ ライセンスの返却をせずにOS の再インストール、マザーボードやハードディスクの交換等の作業後、レブロが起動できなくなった
▶ シリアル番号とパスワードがわからない
▶ ドライバ(Sentinel Run-time Environment7.54)がインストールできない
▶ ライセンスを取得したままレブロをアンインストールしてしまった

Q.「Microsoft Visual C++ 2012 Redistributable」のインストールで中断する

A. インストールを継続してください

レブロを起動するには「Microsoft Visual C++ 2012 Redistributable」をインストールする必要があります。
すでにPCにこのソフトウェアがインストールされておりバージョンが「11.0.51106.1」より新しい場合、 下記のダイアログが表示されインストールが中断されます。 「はい」ボタンをクリックし、インストールを継続します。

315-01

補足説明

「Microsoft Visual C++ 2012 Redistributable」がインストールされているかは、「コントロールパネル」→「プログラムと機能」で確認できます。

315-02

▶PDFで見る

Q. Webアップデートができない

A1. 管理者権限のアカウントでログインしてください

レブロは、管理者権限でないとアップデートすることができません。 管理者権限以外のアカウントでもWebアップデートのダイアログが起動し、画面を進めることはできますがアップデートはできません。 管理者権限はコントロールパネルの「ユーザーアカウント」で「管理者」と表示されます。

A2. ユーザーアカウント制御で[許可]を選択してください

レブロのプロテクタのドライバが認識しない場合、右のような画面が表示されます。

81-01

A3. セキュリティソフトで通信を許可に設定してください

お使いのセキュリティソフトにより設定方法は異なりますが、以下のプログラムの通信を許可することで、レブロのすべての機能を正しくお使いいただくことができます。

  • RebroNET.exe(Rebroネットワーク版をご使用の方)
  • RebroSTD.exe(Rebroスタンドアローン版、レンタル版)をご使用の方)
  • RebroUp.exe

各セキュリティソフトについては、導入の手引きをご覧ください。

A4. プロキシサーバーを設定してください

プロキシサーバーを導入されている場合、プロキシサーバーのアドレスをレブロに設定する必要があります。 [設定]の[アクティベーション・アップデート]-[通信設定]、またはアップデートダイアログ左下の[通信設定]でお使いのプロキシサーバーのアドレス、ポートを設定してください。

81-02

A5. ウェブフィルタリングで指定URLを許可してください

ウェブフィルタリングシステムを導入されている場合、レブロのWebアップデートで使用しているURLをブロック解除する必要があります。 URLにつきましては、サポート窓口までご連絡ください。

A6. SSL証明書が取得されているか確認してください

Webアップデートは安全性のため、GlobalSignの証明書でSSL通信を行っています。
購入時のOS、ブラウザにこの証明書はインストールされていませんが、Windows Updateを行っていれば必要に応じて自動的に追加されます。
お使いの環境において、GlobalSignの証明書がインストールされていないと、レブロのWebアップデートができません。
*GlobalSignはGMOグローバルサイン株式会社の運営する第三者認証機関です。

セキュリティ証明書の確認方法

1.インターネットエクスプローラを起動します。
2.メニューバーから「ツール」→「インターネットオプション」を選択します。
 →「インターネットオプション」画面が表示されます。
3.「コンテンツ」タブを選択し、『証明書』をクリックします。
→「証明書」画面が表示されます。
4.「信頼されたルート証明機関」タブを選択します。
5.以下の発行者の証明書があることを確認します。
GlobalSign Root CA

セキュリティ証明書の取得方法(マイクロソフト アップデート)

スタートメニューの「Windows Update」もしくは「Microsoft Update」を起動します。 追加で選択できるソフトウェア更新プログラムから「ルート証明書の更新プログラム」を選択し、インストールします。 *「ルート証明書の更新プログラム」は日付の違うバージョンがいくつかマイクロソフトから提供されています。最新版をインストールしてください。 また、ここに「ルート証明書の更新プログラム」がある場合でも古い日付のバージョンが既にインストールされており、レブロのWebアップデートが可能な場合もあります。

81-03

▶PDFで見る

Q. [ユーザーアカウント制御]ダイアログが表示される

A. 「許可」を選択します

次のようなタイミングで[ユーザーアカウント制御]ダイアログが表示されます。レブロの作業を続けるため、「許可」を選択してください。

レブロのインストール時(RebroInstraller.exeの実行時)

88-01

アップデートする時

※アップデート完了後の起動時にも、[ユーザーアカウント制御]ダイアログが表示されます。 88-02

レブロをアンインストールした時

88-03

▶PDFで見る

Q.ライセンスの返却をせずにOSの再インストール、マザーボードやハードディスクの交換等の作業後、レブロが起動できなくなった)(ソフトウェアライセンス)

A.弊社までお問い合わせください

ライセンスを返却せずにOSの再インストール、マザーボードの交換、ハードディスクの交換等の作業を行うと、レブロの起動時に下記のようなエラーが表示され、取得しているライセンスが使用できなくなります。エラーが表示された場合、ライセンスの再発行が必要になりますので、弊社までお問い合わせください。

注意事項

OSの再インストール、マザーボードやハードディスクの交換等の作業を行う場合は、作業前に必ずライセンスの返却を行ってください。

▶PDFで見る

Q.シリアル番号とパスワードがわからない(ソフトウェアライセンス)

A.管理者の方にお問い合わせください

シリアル番号とパスワードは、管理者の方にメールで送付しております。
管理者の方にお問い合わせください。

管理者の方にメールが届いていない場合は、弊社までお問い合わせください。

 

▶PDFで見る

Q.ドライバ(Sentinel Run-time Environment7.54)がインストールできない(ソフトウェアライセンス)

インストール時に下記のようなエラーが表示され、ドライバがインストールできない場合は、コントロールパネルから所定のサービスの停止をして、インストールを行います。もしくは、PCの再起動をし、起動直後にインストールを行います。 

エラーメッセージの例
・「HASP LM Server running First, stop HASP LM server by running net stop “HASP Loader” from a command prompt」
・「Files are currently in use and cannot be updated. Restart the computer and try again OR click here for other solutions.Status Code: 20 4 1985 0」

※“HASP License Manager”、“HASP Loader”のサービスを停止することで、これらを使用している別のソフトに影響を及ぼす可能性があります。各ソフトメーカー等にお問い合わせの上、これらのサービスを停止してよいかご判断をお願いいたします。

A1.“HASP License Manager” “HASP Loader”のサービスを停止してインストールをします

[コントロールパネル]-[管理ツール]-[サービス]を起動します。

 

一覧に“HASP License Manager”、“HASP Loader”があった場合は、これらのサービスを停止します。
該当する名前を右クリックし、[停止]を選択します。再度インストールを行います。

 ※“HASP License Manager”、“HASP Loader”のサービスを停止することで、これらを使用している別のソフトに影響を及ぼす可能性があります。各ソフトメーカー等にお問い合わせの上、これらのサービスを停止してよいかご判断をお願いいたします。

A2.PCの再起動をし、起動直後にインストールをします

PCの再起動をします。
起動直後にインストールを行います。

 

▶PDFで見る

Q.ライセンスを取得したままレブロをアンインストールしてしまった(ソフトウェアライセンス)

A.レブロを再インストールして返却処理を行います

ライセンスはライセンス管理から返却処理を行わない限り、そのPCがライセンスを取得した状態となっています。
別のPCでレブロを使用する場合はレブロを再インストールし、返却処理を行ってください。

▶PDFで見る