Rebroの画面構成

basis1

基本操作のご紹介

レブロの画面まわりの説明、ハンドル、プロパティなどの機能ムービーをご覧いただけます。

ハンドル操作

ハンドル機能により、コマンドを起動することなくダイレクトな編集が可能です。 移動や回転、ルート作図、図形の変形などハンドルをクリックするだけで簡単に編集ができます。

basis2

アラウンドビュー

アラウンドビューは、図面の一部を取り出して、あらゆる方向から編集ができる作図補助ツールです。 平面では重なって表示される部材もアラウンドビューに取り出して、断面方向から編集することができます。 また、アラウンドビューに表示されている画面をそのまま画像としてコピーできますので、図面上はもちろんWordやExcelにも貼り付けることも可能です。

basis3

コンテキストメニュー・ミニツールバー

basis4
コンテキストメニューは、右クリックで状況に応じたコマンドを絞り込んで表示する機能です。 ウスカーソルをリボンに移動しなくても、必要なコマンドをメニュー内から起動でき、作図している手元でスムーズに作業を進めることができます。 また、ミニツールバーは要素選択などの機能をまとめてマウスカーソル近くに表示し、手回りよく利用できる機能です。

プロパティパネル

basis5
プロパティパネルでは、選択した要素の属性情報を確認でき、必要に応じて編集することもできます。

クリップ

断面図に表示する範囲を指定することができる機能です。 縦横は図面上から、高さはリボンのフロア高さから情報入力ができ、設定後はハンドル操作で表示範囲の調整が可能です。

レイヤー

レイヤーは、「汎用」「建築」「設備」の分類を設け、コマンドに応じて自動で振り分けられます。 自動の分類とは別に、ユーザーが独自にグループ分けすることもできます。

レイアウト(タブシート)の受け渡し

basis8
レブロは平面図、プロット図など複数の図面を1ファイルでまとめて扱うことができます。 また、その中の図面1枚だけを別ファイルとして保存したり、追加することもできます。

メジャー機能

basis9
基準位置からの距離を指定して作図できる機能です。 「通気管から400mm離れた位置に給水管を描く」など、補助線がなくても正確な図面を描くことができます。

AutoCADとの互換性

basis10
レイヤー数は無制限で、Bylayerに対応しています。 色・線種・線の太さは、AutoCADとそろえてあるのでそのままのイメージでやり取りすることが可能です。 AutoCADのビューポート、レイアウトも、レブロのビュー、レイアウトとして読み込みます。 外部参照と組み合わせることでデータ連携をスムーズにできます。

外部参照

basis11
DWG、JWWなどの他の図面ファイルをリンクして表示します。 建築図など参照しているファイルが更新されたときも、簡単に差し替えできます。