レブロの5つの特徴

1. 3Dモデルデータ

一つの3Dモデルデータから平面図や断面図、詳細図、衛生図面、空調図面、スリーブ図などの各種図面を、用途に応じて切り出すことができます。
各図面データは、CGも併せて常に連動しますので、一ヵ所に加えられた修正は、瞬時に関連データに反映されます。

2. 高精度な図面

レブロの3Dモデルは平面・断面の整合性を常に確保し、配管の勾配処理もリアルに再現します。
平面から高さの情報を入力できますので、負荷を感じることなくスムーズに3D作図が行えます。

3. 直感的な操作

ハンドル機能により、コマンドを起動することなく作図・編集を実行することができます。
コンテキストメニュー(右クリックメニュー)により、指定したデータに対して編集可能なコマンドを選択することができます。
レブロの直感的な操作は、短期間でのCAD操作の習得を実現します。

4. マルチコアプロセッシング・64ビット対応

大型物件も取り扱えるようにマルチコアプロセッシングおよび64ビットOSに対応。
BIM案件などの大容量建築IFCデータでも安心してレブロに取り込み、設備データを入力することができます。

5. BIMへの対応

レブロのモデルデータは精度が高く、BIMの現場で実稼働しています。
フロアレベルを指定しての配管・ダクトなどのルーティングに対応。
部材や機器の属性情報の編集やメンテナンスも容易に行えます。

feature2

デモ動画をご覧いただけます。