BIM連携のプロセス

建築生産プロセスの早期にBIM総合図(属性情報を持った3Dモデル)を作成することで、施主と設計者、設計者と施工者、建築(意匠・構造)と設備など物件に携わる関係者間で、正確で素早い合意形成を図ることができます。

特に設備では、躯体と設備の干渉や施工手順の問題点が明らかになり、手戻りを減らすことにもつながります。

3Dモデルにより、平面・断面が常に連動し、一ヵ所に加えられた修正は、瞬時に関連データに反映されます。

また、BIM総合図から必要に応じて空調図面や衛生図面、スリーブ図など、任意の図面情報を取り出すことができます。

IFC

IFCは建築業界のソフトウェア間のデータ共有化と相互運用を可能にするデータ形式です。
 
レブロは(一社)buildingSMART Japanが実施しているIFC検定に合格しています。
 
また、buildingSMART Japanが策定している「設備IFCデータ利用標準Ver.1.3」に対応しており、この仕様に準拠した他の設備CADから属性情報付きで図面を読み込み、レブロで編集を行うことができます。
 

【ArchiCADとの連携】

統合版
IFCファイルの読み込み
空調設備作図・干渉検査
機器情報の活用

【Revitとの連携】

統合版
Revit出力とレブロ読み込み
機器の配置・ダクト作図
干渉検査
カスタムプロパティ情報の活用
 
 

BCF(BIM Collaboration Format)への対応

BCF Ver.1.0/Ver.2.0の入出力に対応。 マークアップ機能を活用し、BCF対応ソフトとの やり取りで「コメント」「スナップショット」「視点」の 受け渡しが行えます。 無償のRebroViewerもBCFに対応しています。

【機器情報の活用】

機器情報の活用(Solibri編)
機器情報の活用(Navis編)