Rebro2018 バージョンアップ説明会に参加する

 

Excelデータリンク

 

機器表や発注書、電気負荷容量計算書、機器管理台帳など、Excel形式の情報とレブロのモデルデータの属性情報を相互に連携することが可能です。データリンクコマンドのセル指定により、フォーマットを限定することなく情報の入出力が行えます。

 

機器表の取り込み

レブロなら機器表に入力された情報を、BIMデータとして取り込むことができます。

機器表のフォーマットは各社各様ですが、データリンクコマンドの柔軟なセル指定方法により、取り込むフォーマットを限定しません。

また、情報は機器表から取り込むだけでなく、レブロの機器に設定されたプロパティ情報を機器表に出力することもできます。

 

 

 

発注書の出力

ダンパーに限らず、レブロで作図した図面から発注書をExcel形式で出力することができます。

Excelの書式を用意し、必要なプロパティを割り当てることで、Excelファイルを発注書として利用することができます。

Excelを出力する対象は個別に指定できますので、工事の進捗に応じて、必要な範囲に限って発注書を作ることができます。

 

 

 

機器管理台帳

BIMデータを竣工モデルとして完成させると、機器管理台帳の形でExcelファイルに保存できます。

メンテナンス時期は、エクセル上で更新し、再びレブロのBIMデータに反映するといった利用が可能です。

 

 

 

分電盤に表を利用

データリンクコマンドはExcelファイルの取り込み、出力だけではなく、表としてレブロ図面に貼り付けることができます。

貼り付けた表は要素のプロパティと連動しますので、分電盤として利用した場合、照明器具の負荷容量と同期して動きます。Excelに埋め込まれた計算式も機能しますので、負荷容量の合計値をSUM関数で合計するといった利用が可能です。

 

 

 

Rebro2018 バージョンアップ説明会に参加する

 

 

機器の自動配置

図面作図の最初の作業である機器のプロットを、一つ一つ配置するのではなく、機器表から読み取って、一括で自動的に配置することができます。

部屋要素がモデルに定義されていると、機器表からフロア、部屋名、機器番号、台数を読み取り、自動的にその部屋に相応しい機器が配置されます。配置高さは天井カセット型パッケージや照明器具は、天井面に配置されます。

天井目地に沿ったアレンジなどは人間の判断が必要ですが、必要台数が部屋に配置されますので、図面作図の最初の作業が省力化されます。

※部屋要素はレブロで定義することも、Autodesk RevitやGraphisoft ARCHICADから取り込むことも可能です。

 

 

 

系統管理

冷媒系統

「系統管理」パネルに、図面上の機器・器具や配管・ダクト・ケーブルラックなどを自由に分類し、色分け表示することができます。登録した系統は、Excel形式で保存可能です。 

 

照明器具 回路番号

給水系統 バルブの影響範囲

 

 

 

外部参照

外部参照図面の取り込みが可能です。一つのレブロファイルで外部参照図面も受け渡すことができます。

外部参照ファイルの梁に対して、[梁貫通可能領域の配置]を行えるようにしました。

 

 

部屋

「部屋」コマンドで部屋情報の設定が可能です。

機器の自動配置、照度計算書などに部屋情報を利用できます。IFCファイル読込時に、IfcSpaceは「部屋」要素として、IfcZoneは「ゾーン」要素として取り込みます。

 

機器・器具の配置時やライブラリからの貼り付け時に、部屋の天井、または床から指定した高さに配置が可能です。

 

ライブラリに部屋の天井または床からの高さを指定した登録が可能です。[プロパティの保存]にて、「部屋リスト」を追加。

 

 

 

アラウンドビュー

アラウンドビューで等角投影のCG表示が可能です。アラウンドビューの表示角度をパネルのボタンで指定できます。

 

 

アラウンドビュー・CGでのサイズ記入文字の表示に対応。文字の表示位置は、画面の向きに合わせて自動調整します。 また、ビュー専用要素(2D図形・文字・寸法線など)の表示が可能です。

 

 

[アラウンドビューのコピー]と[印刷]機能を追加しました。

 

 

アラウンドビューのCG表示に伴い、オービットで旋回する場合、CG操作と同様にマウス右ドラッグで操作します。また、要素を基準にした旋回が可能です。

 

 

 

Rebro2018 バージョンアップ説明会に参加する

 

 

汎用作図機能の向上

■重複要素の削除機能

図面の重複要素を検索・一覧表示し、削除する機能を追加しました。

 

 

■仮線の「平行」の機能向上

複数の仮線を等間隔で一括作図できます。

■プロパティの基準点のZ値の数値変更に対応(複数の部材選択時)

 

■多角形柱の作図・編集

多角形柱の作図方法に「要素選択」を追加しました。

 

 

「辺の移動」「頂点の移動」「頂点の追加」「頂点の削除」「分離」「結合」の編集に対応しました。

 

 

 

自動隠線

自動隠線処理に対応。自動と手動の切り替え可能です。

配管に隠れる線種は非表示、ダクトやラックに隠れる線種は破線表示と、隠線表示を2種類同時に設定できます。

 

 

 

スリーブ機能アップ

プロパティに「(ダクト・配管の)種別」「用途区分」「用途」を追加しました。

自動挿入で作成するスリーブのレイヤーを「用途区分」で分けることに対応しました。

スリーブの材料として「VU管」を追加しました。

 

 

スリーブや配管・ダクトを編集する際、スリーブとルートの連動に対応しました。

 

 

建築作図機能

鋼材種類にリップ溝形鋼を追加しました。

 

建築躯体に「軽量鉄骨」を追加。シングルバー、ダブルバー、チャンネル、ランナー、スタッド、角形スタッド、振止めが作図できます。

 

梁のプロパティに[梁番号]-「記号」、「枝番」を追加。梁番号のIFC読込みに対応しました。また、スリーブリストに梁番号の出力が可能です。

 

壁、梁の作図方法に「連続で配置」を追加しました。

 

 

他ソフトとの連携

■InfiPoints

InfiPoints連携でダクト、鋼材の読み込みに対応しました。

■みつもりくん

みつもりくん連携で配管、ダクトのルートを出力する際、同じサイズ、材料の場合、一繋ぎの軌跡として保存します。

 

 

Rebro2018 バージョンアップ説明会に参加する

 

 

配管・ダクト・電気 作図・編集機能の向上

■冷媒配管の作図

「施工モード」で、冷媒サイズ記号を使用可能です。

 

■集合管に接続した配管の編集

集合管移動時、接続ルートが勾配に合わせて自動で高さが変わります。

 

■高さ変更(2点指定)の機能追加

2点間で傾斜するか、2点間の高さを変更するかを選択できます。

 

■高さのアップダウンボタン追加

ルート作図時に、現在の高さからの相対高さをボタンで指定できます。

 

■系統選択の機能追加

機器やユーザー部材がルート上に含まれる場合の系統選択に対応しました。弁類・継手からの系統選択にも対応しています。

 

■機器器具のルート挿入

接続口が直線上に2点存在する機器器具やユーザー部材のルート上への挿入に対応しました。

 

■機器器具のルート移動に対応

ラインポンプなどの機器器具をルートに合わせて同時移動ができます。ユーザー部材は、登録時にルートに合わせて移動するかを選択可能です。

 

■ルート作図時の「サイズ」・「高さ」のドロップダウンで、「メイン管と同じ」の表示順を一番上に変更しました。

■「選択した部分だけを変更する」のチェックのあり/なしを「Shift+Space」キーで切り替えできます。

■材料サブセットを読み込み・保存する際、材料の選択が可能となります。

 

■角ダクトの寸法線のW×H表記に対応しました。

 

■ダクト部材の追加

スパイラルダクトの消音部材を追加しました。

 

SFMVD、FD(耐食)など、ダンパーの名称を追加しました。

 

 

ドン付けホッパー「片開き」「両開き」を追加しました。

 

スパイラルダクト部材の「VAV」、「CAV」を追加しました。

 

耐火ダクト(1.6mmの板厚)に対応しました。

 

 

■HVACパネル

ダクチュレーター・フローメジャーをパネル化します。

 

 

■フレキシブルダクト・冷媒配管の表現変更

 

■ダクト用途に「バイパス」を追加

 

 

その他機能アップ

■操作性

プロパティパネルにグループの開閉「+」「-」ボタンを追加しました。

 

■レイヤー

レイヤーグループからの「設定内容変更」に対応しました。

 

■フロア

 [フロア表示/非表示]にツリーの開閉「+」「-」ボタンを追加しました。

[フロア表示/非表示]の設定内容の複写が可能です。

 

「フロアの設定」ファイルの保存、読み込みに対応

 

■単線記号

 単線記号の「型番」登録に対応しました。

 

■干渉検査

 基準点、向き、形状が完全一致した際の干渉検査検出に対応しました。

 

■保存フォルダの設定 

レブロ図面、他形式ファイルの保存先フォルダの設定に対応しました。

 

■システム色の追加

「確認モードで未設定の要素」の色が設定可能です。

 

■風量の自動分配

分岐したルートがボックスで合流するダクトの風量調整に対応しました。

 

■ゾーンの機能アップ

・ゾーンの辺の分割・移動に対応しました。

・サイズ記入文字でゾーン名、面積、体積の記入に対応しました。

・依存するゾーンのプロパティでの確認に対応しました。

 

 

Rebro2018 バージョンアップ説明会に参加する

 

 

電気機能アップ

■点滅区分、回路番号

電気シンボルに点滅区分・回路番号を設定可能です。系統管理パネルで点滅区分や回路番号を色分けして確認できます。

 

■盤の管理

盤同士のつながりを登録でき、回路番号ごとの負荷容量の管理が可能です。

Excelのデータリンクにも利用できます。

 

盤のタイプは、盤の種類(動力盤・配電盤・照明盤など)を任意に登録できます。

 

■照明器具の自動配置

照度計算書と連携し、部屋ごとに照明器具を自動で一括配置することができます。

 

■配線の高さ方向の拾い集計

立上げ、引下げシンボルで高さを考慮した配線の拾い集計に対応しました。

 

■シンボルに接続した配線表現

電気シンボルに接続した配線を重ねて表示するか、オフセットするかを選択できます。

 

■電線管の管種追加

電線管作図時にCD管やPF管、VE管などの管種が選択可能です。

 

■配線管理ブラッシュアップ

■器具凡例表の行/列の順番の移動に対応

■配線注記表に備考列の追加選択に対応

■「電気」タブのコマンドの整理

■部材配置ダイアログの[照明器具]の整理

 

 

 

部材追加

 

ライブラリ部材追加

受水槽をライブラリに追加しました。

 

 

メーカー提供部材

メーカーより提供されている部材は、「メーカー部材」のカテゴリに分類して表示します。

 

 

 

Rebro2018 バージョンアップ説明会に参加する