ツール

干渉検査

躯体と配管・ダクト・ラックなどの設備との干渉検査をすることができます。干渉対象物を絞り込んでの検査も可能です。また、他CADで作成された3D建築データとの取り合いも確認ができます。干渉リストと図面、CGは連動しますので、相互に情報を確認しながら修正を行えます。

拾い集計

拾い集計に標準対応しています。集計表は自由にカスタマイズして、用途別・材料別などの目的にあわせて作成することができます。配管長さやダクトの面積、継手の個数などを自動集計し、集計結果をExcelに出力します。

部材・機器の検索機能

レブロの部材や機器は、メーカー名や材質などの属性を持っています。 検索機能はこの属性をキーにして、 部材が図面内のどこに配置されているかを見つけ出し、その場所を拡大表示する新しい機能です。 キーワードを入力することで、ウェブ検索のように結果を一覧表示します。 検索結果をクリックすると、画面はその部材の位置まで自動的にスクロールし、 検索対象の部材を丸で囲んで引出し線で表示します。

機器情報の管理(ハイパーリンク)

tool4
CGウィンドウでは、モデル内に含まれるすべての機器をツリー表示します。ツリー内の機器を選択すると、 その機器が配置されている位置まで自動的に視点が移動します。 また、フロアごとにその機器の台数をカウントし、一覧表で表示しますので、機器台数の把握も容易に行えます。 機器のプロパティ表示により、機器の型番や能力などの属性を確認できるのはもちろんのこと、 ハイパーリンクを設定することで、能力線図や点検記録などの図面の外部にあるファイルと関連付けて、情報を一元管理することができます。

デモ動画をご覧いただけます。

配管加工

配管加工

tool5
定尺編集機能で管割りをすることができ、パッキンを挿入することが可能です。 管割り後にナンバリングをし、配管加工集計表などの各種帳票を出力することができます。

デモ動画をご覧いただけます。

加工の設定

配管の定尺や重量、加工代(ねじ込み代、差し込み代、フレア加工代)、溶接DBを設定できます。 設定した数値に基づいて切断寸法や重量、溶接DBを算出し、ユニット図に出力します。

重量tool6a
定尺tool6b
加工代tool6c
溶接DBtool6d

加工代設定一覧

ねじこみ代tool6e
差し込み代tool6f
フレア加工代tool6g

定尺の編集

tool7
作図した配管を定尺長さや指定長さでフランジやソケットで割ることができます。 管割時にパッキンを挿入することも可能です。

パッキン

tool8
配管作図時に予めパッキンを挿入し作図する方法、配管作図後にパッキンを追加する方法に対応しています。 パッキンに色を設定できるため、パッキン挿入部の確認が簡単に行えます。

バーリング

tool9

枝管作図時にコンテキストメニューよりバーリングが選択できます。 加工設定では、作図時のバーリング高さが設定できます。プロパティで作図後に高さの変更も可能です。

tool9a

サドル

tool10
サドル部材を用意しています。枝管作図時にコンテキストメニューよりサドルが選択できます。 また、メイン管にサドルを先置きして作図することもできます。 tool10a

ベンダー管

tool11
ベンダー管の作図に対応しています。 鋼管・ステンレス管・一般配管用ステンレス鋼管のベントの曲がり半径が設定できます。 作図後の曲り半径や継手の変更はプロパティで編集可能です。tool11a

ナンバリング

tool12
作図した配管に、加工集計・ユニット図に反映する番号を設定します。

ユニット図・加工集計表

tool13 tool14
番号を設定した配管をユニット図や加工集計表に出力します。 ユニット図出力時に、継手や寸法線などの傍記文字を自動記入します。